子供の症例

岐阜県可児市広見バローショッピングセンター内(広々駐車場あり)
[診療時間] 9:00~12:30/ 14:30~19:00

子供の症例 CHILD CASE

当院の矯正治療症例

上顎前突(出っ歯)の治療症例

  • BEFORE

    AFTER

主訴 出っ歯を治したい
治療内容 上顎の前歯が極端に前方に出て、強い出っ歯を呈していました。お顔を横から見たときも口元がかなり出た状態でした。また、軽度のガタガタと大臼歯の位置関係もずれていました(Angke2級関係)。上顎骨が大きく、前方に出ていたためヘットギアを使用しました。また下顎も小さく後方に下がっていたためツインブロックという下顎を前方に誘導する装置も使いました。正しい大臼歯関係に改善し(AngleⅠ級関係)、上顎前歯が前方に強く出ていた出っ歯が綺麗に治りました。口元もとてもすっきりしました。
Ⅰ期のみなので多少の隙間やがたつきはありますが、前歯の出っ歯も臼歯のかみ合わせも改善し、歯列は安定しています。希望があればここからⅡ期に移行し、調整をしていきます。
治療期間 2年
リスク副作用 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期問が延長する可能性があります。
費用 440,000円(税込)

下顎前突(反対咬合・受け口)の治療症例

  • BEFORE

    AFTER

主訴 受け口を治したい
治療内容 前歯は反対のかみ合わせをしていました。また、上顎が狭かったため、左の臼歯のかみ合わせも反対になっていました。まず、FKOという装置で前歯の反対咬合を治しました。その後、臼歯のかみ合わせも治すため、上顎に拡大床という装置を入れて、側方に広げました。
Ⅰ期のみなので多少の隙間やがたつきはありますが、前歯の反対のかみ合わせも左側臼歯のかみ合わせも改善し、歯列は安定しています。希望があればここからⅡ期に移行し、調整をしていきます。
治療期間 2年
リスク副作用 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期問が延長する可能性があります。
費用 440,000円(税込)

上顎前突(出っ歯)の治療症例
(Ⅰ期+Ⅱ期)

  • BEFORE

    AFTER

主訴 出っ歯を治したい、ガタガタと上の前歯が開いているのも気になる
治療内容 上顎前歯に隙間があり、前方に大きく出ていました。また、上下顎ともに狭いアーチを呈しており、今後萌出予定の永久歯のスペースも足りない状態でした。そのため、まず、上下顎ともに拡大床という装置を使い側方に広げていきました。同時に前方に出ていた上顎前歯を拡大床の唇側線で舌側に移動させ、前歯と大臼歯にのみブラケットをつけて前歯を綺麗に並べました。また、下口唇を巻き込む癖などがあり、出っ歯を治す妨げになったので唇や舌のトレーニングも行いました。

【Ⅱ期】 Ⅰ期で狭いアーチを広げたおかげで歯を抜かずに綺麗に仕上げることができました。歯列は安定しており、かみ合わせも緊密でとてもよい状態です。歯の根っこの吸収もほぼ見られません。
治療期間 5年(Ⅰ期治療~Ⅱ期治療までの合計期間)
リスク副作用 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期問が延長する可能性があります。
費用 825,000円(税込)