インプラント治療法

インプラント治療法

インプラント治療法 TREATMENT

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療は、歯が失われた場所に人工歯根を埋めておき、骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と似た機能性と美しさを回復させる治療法です。
インプラントは、骨に馴染んでしっかりと固定され、健康な歯のように噛むことができます。素材はチタンで、金属アレルギーの心配もなく、骨と一体化する性質があります。
また、自分の歯と同じように噛むことができるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療法であることが利点です。

従来の治療との違い

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣の歯を削って土台とする「ブリッジ」や「総入歯」、金具で固定する「部分入れ歯」などがありました。しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかり、違和感を感じることが多くありました。
インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物を噛んだり、話したりすることができます。

痛みや腫れが心配な方はいませんか?

痛みや腫れに対する工夫

インプラント治療は、痛みや腫れなどに対する不安が大きな治療かもしれません。しっかり対処すれば、そのようなリスクを抑えることが可能です。

一般的な
インプラント治療について

口腔内の状態により術式に
違いがあります。

インプラント治療には、1回法と2回法の2つの種類があります。違いは、歯肉を切開する手術の回数です。インプラント治療は、顎骨に埋入する「フィクスチャー(インプラント体)」「人工歯(上部構造)」「アバットメント(被せ物とインプラントの接続部分)」の3種の構造が基本です。各社インプラントメーカーが様々な種類のインプラントを取り扱っていますが、インプラント体とアバットメントが一体となったものを使用し、1回の歯肉切開を行う方法が1回法、インプラント体を埋入し一度歯肉を閉じ、インプラント体と骨を定着させ、再度歯肉を切開しアバットメントを取り付ける方法が2回法です。骨量や治療部位によって、適する方法が異なりますので、一人ひとりのお口の中の状況に合わせて、最適な治療法を提案します。

1回法のインプラント治療

1回法とは、手術が1回で終わるインプラント治療です。
治療手順としては、インプラント本体の頭の部分を歯茎の上に出した状態にし、インプラントの埋め込み手術をした後、治癒を待つための部品をインプラント体に取り付けます。
その後数ヶ月間待ち、顎の骨とインプラントの結合を待ちます。顎の骨とインプラントが結合したら型取りできます。骨が量的にも、質的にも良い場合にのみ適用します。手術が1回で済むため、患者様の身体的負担も軽減されます。

このような場合に選択します

  • インプラント体を歯肉外に出した場合でもリスクが少ない時
  • 骨造成、歯肉の移植などが軽度な時

2回法のインプラント治療

2回法とは、2次オペが必要となる治療です。
インプラント本体を、完全に骨の中に埋め込んでしまい、その上から歯茎を被せてしまいます。その為、インプラント本体が歯茎中に埋もれているため、頭を出す手術(2次オペ)が必要になり、インプラントの埋め込み手術をした後歯茎を閉じ、数ヶ月間待ちます。顎の骨とインプラントの結合を待ち、その間はなるべく強い力を加えないようにして、仮のブリッジや入れ歯で過ごしていただきます。
顎の骨とインプラントが結合したら歯茎を切開し、インプラント体の頭にクラウン、ブリッジ等と連結するアバットメントを付けます。歯茎が治ったら型取りできます。
骨の状態が、量的にあるいは質的にあまり良くない場合や、GBR法、サイナスリフト法、ソケットリフト法、歯肉形成術、移植などを用いる場合に適用します。

このような場合に選択します

  • 1回法での治療リスク(インプラント体を歯肉外に出した場合のリスク)が大きい時
  • 骨造成、歯肉の移植など期間がかかる時

抜歯即時インプラントについて

抜歯と同時にインプラント埋入を

抜歯即時インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋め込む方法です。インプラントで欠損部分を補う場合、通常は、抜歯後の穴がふさがるまで待ってから治療を行いますが、抜歯即時インプラントでは、抜歯とインプラント埋入を同日に行うことができます。治療手順としては、残せなくなった歯を抜き、抜歯後すぐにインプラントを埋入します。そして、骨とインプラントの隙間に骨補填材を詰める場合もあります。状態によっては、すぐに仮歯を入れることも可能です。

このような場合に選択します

  • 抜歯する歯が炎症を起こしていない
  • 顎に十分な骨がある
  • 抜歯後、歯がない状態が気になる
  • 入れ歯の装着が困難  など

メリット

  • 切開・剥離を
    加えないため、
    手術の負担が減る

  • 早期に審美性が
    回復する

  • 治療期間が
    短縮できる

  • 手術と同時に
    抜歯ができ、

    負担を
    減らすことができる

デメリット

  • 2回法と比べると
    感染のリスクがある

  • 骨の状態が悪いと
    治療を行えない

抜歯即時インプラントについて

All-on-4 / All-on-6

4本~6本のインプラントで固定式の歯を作ることができる、身体的、経済的に負担の少ない治療法です。

インプラントオーバーデンチャー

2本から4本のインプラントを利用して、しっかりと噛めて動かない入れ歯にする治療法です。
インプラントを用いることにより画期的に変化します。入れ歯や義歯でお悩みの方はぜひ一度ご検討ください。